放線菌を育てる

今日も良い天気でしたが、正午前に灰色の雲が出てきて、少しだけ
雨が降りました。ですが、すぐに回復して晴天が戻りました。

良い土作りのために「放線菌」を育てる作業をしました。
竹の落ち葉の下から「放線菌」を見つけて取り、茶碗1杯分のごはんと水を
加えて、火にかけて、40度まで上げました。上がったら、すぐに火から下ろしました。
これを米糠に混ぜて増やし、種もみをまく土に混ぜて、土の中にいる雑菌を殺すのです。
「菌」の働きには、いつも頭が下がります。

160330放線菌2

160330放線菌1

「放線菌」たちよ! 頑張って仲間を増やしてしっかり働いてくださいね。

今日は、「紅あずま」の伏せ込みをしました。
160330紅あずまの伏せ込み

前回の「紅はるか」と同様に、頭を右側にして伏せ込みました。
芽が出る日を楽しみに待ちたいと思います。
スポンサーサイト
見ていただいてありがとうございます。
↓良かったら投票をお願いしますm(_)m↓
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

さつまいもの伏せ込み

ここ数日晴天が続いていてとても過ごし易いです。
昨日は、モンシロチョウが飛んでいましたよ!

満開の黄水仙
160328満開の水仙

昨日(28日)は、さつまいも(紅はるか)の伏せ込みをしました。
まずは、種いもを47度から48度のお湯に40分間つけて、消毒をしました。

160328さつまいもの消毒1

160328さつまいもの消毒2
ネットに入れてつけてあります。

前回紹介した苗床に伏せ込みました。
頭の方から芽がでるので、同じ方向に頭がくるように並べました。
右が頭です。
160328さつま芋の植え込み

160328植え込み

土を2センチくらいかぶせました。
160328土をかぶせる1

160328ひとつ土をかぶせた

いつ芽が出てくるでしょうか?楽しみです。

                  満開の桃色雪柳
                           160328桃色雪柳満開

ムスカリも咲いています。
160328ムスカリ

                  椿も満開
                          160328満開の椿

「春」ですね。
見ていただいてありがとうございます。
↓良かったら投票をお願いしますm(_)m↓
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

グリンピースと絹さや

早いもので、3月最後の日曜日になりました。日差しはあるものの風が冷たい春の一日です。
畑のグリンピースと絹さやが、少しずつですが大きくなっています。

下に藁を敷いたグリンピース。
160326藁のグリンピース

籾殻を敷いたグリンピース。
160326籾殻のグリンピース
籾殻が少し風で飛ばされたようです。

藁を敷いた絹さや
160326藁の絹さや

籾殻を敷いた絹さや
160326籾殻の絹さや

どちらも藁と籾殻での差がないように思いました。
先日、霜が降りる日があったのにも関わらず、元気に育ってくれています。ありがたいです。

植物の生命力を改めて知った出来事の写真を紹介します。
大根を抜いて軒下に置きっぱなしにしていたところ、葉が伸びてこんな状態になりました。
160326大根の生命力
花も咲きました。保っていた水分だけでここまでできるとは! なんて凄いことでしょう。

満開の雪柳
          160327雪柳
見ていただいてありがとうございます。
↓良かったら投票をお願いしますm(_)m↓
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

その後のさつまいもの苗床

毎日、うぐいすの鳴き声を聞いて楽しんでいますが、うぐいすの中にも
私のように歌が苦手なのもいるようで、「ホーホケキョ」ではなくて「ホーホケキ」と
歌っているうぐいす君がいます。あの歌い方でお相手がみつかるかしら?と少し
心配しています。
今日は、14日に紹介したさつまいもの苗床についてお知らせします。
数日してから、空気をいれるために切り返しをします。

この写真は、2番目の苗床の堆肥の切り返しの様子です。
160326苗床の切返し1
中は乾いているので、ホースで水をかけながら切り返します。

160326切返し2

この写真は、1番目の苗床です。
切り返しをして数日経ってから完成した堆肥の上に土をのせている様子です。
160326苗床1

土をのせてござが掛けてある1番目の苗床と切り返し中の2番目の苗床
160326二つの苗床

完成していく様子をまたお知らせしたいと思います。

次にこの苗床に使う「竹」を割っている様子を紹介しましょう。
山にいくらでも生えている竹を使って資材費節約です。
160326竹

鉈で割る
160326竹割

160326竹わり1

少し割っておくと後はスーと裂くことができます。どんどん裂いていきます。
160326竹をさく1

160326竹をさく

これらの竹をどう使うのかは、これからのお楽しみです。
160326さかれた竹

              桃色雪柳
            160326桃色雪柳
見ていただいてありがとうございます。
↓良かったら投票をお願いしますm(_)m↓
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

さつまいもの苗床

うぐいすの鳴き声も多く聞かれるようになり、春の訪れを強く感じるようになってきました。
「オーガニックファームまめなか屋」も新年度に向かって準備が始まっています。
昨年、「美味しい」という多くの声をいただいたので、今年はより多くのさつまいもを栽培することになりました。
そのためにも良い苗を作ろうと頑張っています。

さつまいもの苗床作り
藁や葦、米糠、おから、落ち葉、牛糞、を層にして寝かせて作ります。
途中で水かけをします。
160310イモ苗床水かけ

160310イモ苗床落ち葉

隣にもあります。
1603101と2のイモ苗床

1と2の苗床ができ、ござを掛けて寝かせてあります。
160314さつまいも苗床

水かけをしている苗床の横に咲いている椿の花
160310椿

                             花壇の黄色の水仙も咲き始めました。
                         160312水仙1


昨日と今日は畑に撒く「廃菌床」をとりに行きました。
先日、近所のトマトファンの方から「今年もあの美味しいトマトを作られますか?」と
尋ねられて、大変嬉しい思いをさせていただきました。
待っていてくださるお客様がいると思うとより力が出てくるものですね。

桃色雪柳も咲いています。
160312桃色雪柳1
見ていただいてありがとうございます。
↓良かったら投票をお願いしますm(_)m↓
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

さつまいもパン

久しぶりに「さつまいもパン」を焼きました。
もちろんまめなか屋のさつまいもが材料です。今回は、ほくほく美味しい
紅あずまを使いました。

材料

160309さつまいもパンの材料

蒸してつぶしたさつまいも (レンジで蒸しました。) 200g
小麦粉 250g  ・ 砂糖(素焚糖) 120g  ・ ベーキングパウダー 大さじ1  ・塩 小さじ1
牛乳 三分の二カップ ・ 卵 2個 ・ サラダ油 大さじ3
レーズンと黒ゴマ 適量

作り方
1、さつまいもを蒸してつぶしておく。
2、小麦粉とベーキングパウダーと塩を合わせてふるっておく。(ふるうのをはぶきたかったら、ポリ袋に
  入れて振りまぜる。)
3、卵を溶いて砂糖と混ぜ合わせたら、さつまいもを加える。
4、3、の中に2、を加えて混ぜたら、レーズンと黒ゴマを加える。
5、オーブンペーパーを敷いた型に流しいれる。180度に予熱したオーブンで30分くらい焼く。
  竹串を刺して生地がついてこなければできあがり!

焼きあがり
160309さつまいもパン焼けた

切り分けていただきます。
160309切り分けたパン

とても簡単にできて、食べごたえがあり、美味しいですよ。  見ていただいてありがとうございます。
↓良かったら投票をお願いしますm(_)m↓
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

原木椎茸

いよいよ春がやってきたなあ、と感じることができる晴天の今日、「うぐいす」の
鳴き声を聞きながら椎茸の収穫をしました。
暖かい日が続いているせいか、たくさん収穫できました。

160307椎茸1

160307椎茸2

オーガニックファーム「まめなか屋」の原木椎茸は、肉厚でとっても美味しいですよ。
食べると「おー!し・い・た・け!」という感じです。
このブログを見てくださっている皆さんに味わってもらいたいなあ・・・。

花壇の水仙が咲き始めました。これから、違った種類の水仙も咲き始めます。
160307水仙1

主人は今日も「堆肥作り」に汗を流していました。
これから、さつまいもの苗床作りも始まります。

見ていただいてありがとうございます。
↓良かったら投票をお願いしますm(_)m↓
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

堆肥と豆の支え うぐいすの初鳴き

ここ数日は、気温が上がって春を感じられるようになってきました。

3月2日  1日に切り返しをした第2の堆肥から湯気があがっていました。
温度は64度でした。上がり過ぎでしょうか?
160302第2堆肥の湯気1

外で作っている第3と第4の堆肥の上にシートを外してむしろ(ござ)をかけてやりました。
第3の堆肥
160302衣替えした第3堆肥

第4の堆肥
160302衣替えした第4堆肥

3月3日  絹さやとグリンピース」の支えを竹と笹の枝で作りました。
竹と竹をつなげる時に「はで場結び」という特別」な結び方をするのですが、まだマスターできてなくて
数回主人に教えてもらって結びました。手伝いになっていなかったりして・・・
次にやるときはできるでしょうか?

この作業の途中、なんと「うぐいす」の鳴き声が聞こえてきました。
思わず「やったー!」  やっとやっと鳴いてくれました。

列によって下に敷くものを変えてみました。「籾殻」と「藁」です。
違いが出るでしょうか?
奥に見えるトタンは猪よけのトタンです。

160303絹とグリン2

160303絹さやとグリンピース1

「籾殻」を敷いた「グリンピース」
160303籾殻のグリン

「籾殻を敷いた「絹さや」
160303籾殻の絹

「絹さや」は葉のふちが紫のような色をしています。
「グリンピース」は全体が緑です。

「藁」を敷いた「絹さや」
160303藁の絹
 
「藁」を敷いた「グリンピース」
160303藁のグリンピース


歩いていて「つくし」を見つけました。まだまだ小さいですが、間違いなくそこまで春がきていますね。
160303土筆1
見ていただいてありがとうございます。
↓良かったら投票をお願いしますm(_)m↓
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
プロフィール

まるおよ

Author:まるおよ
静かな田舎暮らしの日々を紹介します。
mame.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR